消しゴム雑感

ピュアスリムって消しゴムが評判だったので買ってみたのですよ。(※Amazonのリンク貼ってますけど、人気で品薄らしく、今はくっそ高いので、文房具屋などで見つけて買うか、価格が落ち着いてから買うといいと思います。定価は1個当たり150円くらいのはず。)
確かに使い勝手が良くて、売り文句であるところの「細かいところも軽く消せる!!」に偽り無しなんですよね。

そこでふとね、小さい消しゴムだなーと思ったの。
僕が文房具オタクだった高校生の頃から愛用してるエアインハードと比べると、価格は1.5倍(定価で比較)なのに体積は半分。体積当たりで言えば3倍のコストということになる。

そこで同時に思ったの。
そういや、今のペンケースに入っている消しゴムっていつ買ったんだっけ?

半分くらい削られて、既に紙ケースは脱いでしまっているものの、それでもまだ直方体だった頃の気配を十分に残しているこの消しゴムは、もしかすると10年くらい前からここにいたかもしれない。
今では紙に鉛筆やシャープペンで書く機会も少なくなったし、メモ程度に文字を書くことはあっても、それを消しゴムで消して書き直すということが滅多に無くなった。今、手元にあるエアインハードですら、残りの人生で使い切れるかどうか分からないんですよね。

そう考えると、消しゴムはピュアスリム程度の大きさで十分だし、あわよくば「消しゴムを使い切ることの快感」を味わうことができるかもしれない。(皆さんはこれまでの人生で、消しゴムを使い切る喜びを味わったことがありますか?僕はあります。一度だけな!)
その上、ピュアスリムは本当に「細かいところも軽く消せる!!」ので、その気持ち良さも含めれば、これはなかなか良い買物だったと思うわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です